忍者ブログ
[501]  [500]  [499]  [498]  [497]  [496]  [495]  [494]  [493]  [492]  [491

 また、面白くない話を書きます。
 先日、西出博子さんのマナー教室の中で、「白洲次郎」のことを取り上げていた。
次郎の生涯や信条のことが書かれた書籍は既に出版され、私の手元にも数冊ある。俳優の伊勢谷さんが白洲次郎に扮して主演したドラマが、2月下旬から数回にわたってNHKで放送されたそうだが、残念ながら私は見ることが出来なかった。

 白洲次郎は戦前・戦後の日本政治に深く関わった人なのだが、存外知られていないかも知れない。若き日に英国ケンブリッジ大学へ留学し、英国紳士の精神とマナーを身に付けたとされる。英国マナーの一例としては、身だしなみや服装に気を配るのは勿論だが、たとえば、室内ではジャケットのフラップは中にいれるとか、建物の中に入るときの帽子やコートを脱ぐタイミングにも作法があるとのことで、次郎はこのことを忠実に行っていたそうだ。

 英国でのマナーは、人に接するときに表面だけしか見えない“形”を重視すのではなく、その人の“内面”やもの事の本質を重視するとある。
内面ありきの生き方は、自然に人を思いやる事ができ、媚びることもないので正直に心を開きあうことから始まっているという。従って、お付き合いも心地よく、いらぬストレスも生まれないという。

 私は狷介な性格ゆえ、いいコミュニケーションがとれないで、自分も困り相手にも迷惑を掛けているが、いかに心を開いて、相手思いやった言い方・行動するか、媚びず、正直、自然体で望めるか。いくら年齢を重ねても反省ばかりで、さっぱりゴールが見えてこない。考えているばかりの毎日。

 次郎は、昭和天皇からの贈り物をダグラス・マッカーサーへ届けたことがあったそうだが、マッカーサーは「その辺に置いてくれ」といったそうで、これに対して次郎は「天皇陛下の贈り物をその辺に置けとは何事か」と怒鳴り、持ち帰ろうとしたところ、マッカーサーは次郎に謝り、テーブルを用意したそうだ。そんな信条を持ってかっこよくいきませんかね。(文中敬称略)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
何か違うような
毎日お昼休みに楽しみにしてます。
これって田沢湖観光協会のオフィシャルブログですよね?
「田沢湖の日々の出来事、観光情報をつぶやく」と書いてるのですが、最近は何か違うような気がします。
最初に「おもしろくない事を書きます。」とありますが、できれば「おもしろい事」を書いてはどうですか?
(し)さんはとても立派な考え方をお持ちで、それを誰かに伝えたいみたいですが、それならご自分のブログを作ってはどうですか?
これは観光協会のブログですよね。
友人も見ているのですが「最近の観光協会ブログは変だよね。」と話しています。
楽しい内容、新鮮な話題を期待しています。
田沢湖出身者も故郷の状況を楽しみにしているんです。
もちろん、このブログを見てたくさんの方が田沢湖に行きたいと思うようなものを期待しています。
頑張って下さい。
田沢湖出身 2009/03/27(Fri)13:02:30 編集
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 8 9
10 11 13 15 16
20 21 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[09/15 風]
[09/14 風]
[07/24 Berney-KAZ]
[09/02 つむぎ]
[09/02 つむぎ]
カウンター
プロフィール
HN:
たっこちゃん
性別:
女性
お天気情報
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]