忍者ブログ
[1077]  [1076]  [1075]  [1074]  [1073]  [1072]  [1071]  [1070]  [1069]  [1068]  [1067
こんにちは~(ゆ)です

考えられないような猛暑が連日続いていた9月
今日が最終日です

毎朝、通勤路から眺める景色は
一面黄金の稲穂がきらめく田んぼから
所々で稲刈りが終わった田んぼに

秋の気配を一層感じさせてくれる景色となりましたね~

新米早く食べたいなぁ~


まだまだイベント続きの田沢湖
今週末10/2・3は、いよいよ田沢湖ツーデーマーチ
10/10~抱返り紅葉祭がスタート
10/30~は今期最後の田沢湖ツーリングが実施されます



さてさて

今日のブログですが
先日行われた、田沢湖ツーリングの時、ちょっと珍しいものを
見る機会がありましたのでそのご紹介をしたいと思います


場所は大仙市中仙町、秋田を代表する穀倉地帯です

ツーリング時、集合スポットで皆が集まった時
『ちょっと皆さんにお見せしたい珍しいものがあるんだけど
とツーリングの先生


その言葉に誘われて~

この道の先には一体何があるんだろう・・・
とちょっと不安にも思うような林の中を抜け
道の最後、本当にこの先行き止まり・・・の地点まで
自転車を走らせると

そこには樹齢数百年杉の巨木に囲まれた建物が

a481503b.jpg
















さらに中に入っていくと、そこにあったのは

7a5b37ba.jpg
















『水板倉』です

水板倉とは、人工的な池の中に作った高床式倉庫の事です

af15b497.jpg
















米、味噌、漬物、家財道具、重要な書類なども保管して
泥棒やネズミ、火災から財産を守る事ができます

池は深さ1mほど、沢から水が引かれているので冬でも凍りません

下敷板を何枚かはずすと、水の上の涼しい空気湿気が入るような
工夫もされているので、お米を乾燥しすぎる事もなく
適度な風と湿気を得られるので、保存には好都合との事


この水板倉、作られたのは1909年(明治42年)
100年以上経った今でも現役で使用されているそうです


水板倉の隣には、築150年以上の母屋があり
現在も人が住んでいます
76493dd0.jpg
















中もちょっと拝見

9df250ad.jpg
















065e1cd6.jpg
















5c52364d.jpg





















71bded3b.jpg





















とっても趣があり、とっても大きなたたずまいに、
思わず見とれてしまった(ゆ)でした~
昔から、全然手をつけていないの?とおもわせるような
手付かずの状態を保っているのも魅力です

(ゆ)も今回初めて拝見しましたが
ツーリングのツアーにお越し下さったお客様も皆感動していました

水板倉
仙北平野
に残る、先人の知恵ですよね~


いいものを見させて頂きました

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 7
9 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/15 風]
[09/14 風]
[07/24 Berney-KAZ]
[09/02 つむぎ]
[09/02 つむぎ]
カウンター
プロフィール
HN:
たっこちゃん
性別:
女性
お天気情報
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]